本文へジャンプ
HOME > ニュースリリース > 関空閉鎖でも混みこみ京都

ニュースリリース

2018/09/27
連絡橋破損で発着量が減った関空の影響で京都がすいているのではと思い、普段行かない清水寺付近に行ってみました。

普段なら観光客だらけで、避けてきた清水寺、「修理中」「関空機能不全」とWで観光客が減っていると思いきや、人、人、人、人だらけ。

学校の遠出の遠足、以来、参拝していない清水寺(年間6回ぐらいは京都に行くが、、、清水寺は避けてきた)。

ここ数年で極端に海外観光客が増えすぎて、京都でも一番混む状況の清水寺付近。

朝に鍼灸&痛み止め注射でメンテナンスした足でしたが、人をかわしながら歩く坂道では、鍼灸の効力をすぐになくなり、のんびり観光もできず、、、、「坂道を登り、清水寺参拝、坂道を降りる」だけで短時間で帰宅してしまいました。


思いつくまま、気軽に記載。
記:Lee








ページの先頭へ戻る

ニュースリリース一覧へ戻る