本文へジャンプ
HOME > ニュースリリース

ニュースリリース

2017/12/08
今朝一号線で通勤していると、橋のコーナー部が凍結して、バイクが転倒していました。

本人は元気見ないでしたが、見た私は突然安全運転モード!

しかし、寒くなく・滑らない バイクがあればとネット検索

そうです。スノーモービル これで通勤すれば最高かも?大雪でもOK

これがその写真です。どうですか皆さんいいでしょう!



かっこよすぎませんか!

雪に覆われた地形を走破するために設計されたスノーモービルは、これまでけっしてスタイリッシュなデザインではありませんでしたよね。

しかし、完全にカバーされたコックピットを持ちドライバーを過酷な環境から保護するこのデザイン!

また電気で駆動するため、環境にも配慮されていますよ。

こんなカッコいいスノーモービルがスキー場が走っていたら注目の的になること間違いなしなんですが、

残念ながらコンセプトモデルのため実在しませーん。

誰か作って下さいよ!

このままでは、バイク通勤がきつすぎる バイクヤローでした。

ちなみに、スノーモービルは「車?バイク?」ナンなんでしょうかね?

道路走るスノーモービルは、保安部品とナンバーが装着されますよ。

スタッフ:WRR

2017/12/07
こまったさんからのご連絡です。

関西でも、クラシックカー ヴィンテージカーのイベントが毎年開催されているそうです。

堺・茨木・神戸と結構な人が集まるとか?

販売はしていませんが、目の保養にいかがですかとのことです。

そんなことより、お正月和歌山に行くと日の出族(旧車会)が一同に集まりこちらも凄いですよ!

OBがかなり参加しているそうですよ!

スタッフ:WRR
2017/12/07
いやいや、我々の世代にとっては憧れでしたよね!

ともかく見て下さい。


コチラは三菱のGTOですよね?


こちらは今や普通自動車の販売が無くなりました。イスズのピアッツア・・・ジョウシアロー?


定番のハコスカGTR


年代は?コロナですよね


こちらはフィアレディーZ しかし今よりカッコいいですよね


このおしり懐かしいですねエンバン  セリカ  確か私も大昔リフトバックGTVに乗っていたような?


これは、わかりますか? 兄妹者のガぜールではありませんか?  間違っているかもお許し下さいね。


2000 Z  

こう見てみますと、昔の車は結構個性があると思いませんか?

いまは、メーカーはわかっても車種はわからない  困ったもんだ!

いずれ、レストアしたヴィンテージカーがほしいとおもいませんか!

スタッフ:WWR
2017/12/06
とにかくビックリです。

先月末に27日夜に、バラムツが上がりました。バラムツは、スズキ目サバ亜目クロタチカマス科のバラムツ属ですが、

私の認識では、近畿には大きなバラムツはいないと思っていましたが、

まずは見て下さい。


すさまじい引きどと思いますよ!


本人は有頂天だと思いますよね。


とにかく、私は近畿でこんな大物は見たことがありません。
良く頑張りましたね。凄い!


ブラックバスで言う幻の70ですね。本当にうらやましい!

大きなものは3mオーバーも・・・・

実際に海外とか日本でも大東諸島で400m深海で!

しかし、食べれる魚(深海魚)ではありません。油が多くてとても私は無理かもね。

うらやましいなァ  つりキチの皆さん。今後和歌山でジギングと行きますか!

さあさあ本日もお仕事頑張りましょう!

スタッフ:KK

2017/12/05
それは盗難車ランキング!ですよ。

早速デスガ、ネットで見た情報なので定かではありませんが!

日本で一番盗まれている車10選は、 盗難車ランキングは下段一覧です。

第9位 トヨタ アルファード&セルシオ
第8位 トヨタ ハリアー
第7位 三菱ふそう キャンター
第6位 レクサス
第5位 トヨタ クラウン
第4位 トヨタ アクア
第3位 トヨタ ランドクルーザー
第2位 トヨタ ハイエース
第1位 トヨタ プリウス

なるほど?
ここでは、トヨタ圧勝ですね 唯一三菱のトラックがランキング

しかしこのランキングなんで、レクサスはブランド名なの?

ミステリーですね。

統計学的には、車の盗難はかなり減少傾向が続いています。

見ると人気車種もありますが、何でプリウスが!!!(カッコよくないのにね?)

しかし、トヨタブランドの最新機種も含まれていますが、どうやって盗難されるのでしょうかね?

これおかしくありませんか?  なんで、簡単に盗難されない 盗難防止も高級車は標準装備なのに?

やっぱおかしい?

なにか、絶対に秘密があるのかも?

皆さんそう思いませんか?・・・・・・とにかく盗難には十分気をつけて下さいね。



いやカッコよろしおまんナ

バイクの盗難の方が多いでしょうね。 特に大型バイクは気をつけましょう!

スタッフ:WRR


2017/12/04
それは私の故郷徳島県で、先月OPENしました図書館です。

貸し出し中・本の傷み…心配なし 電子書籍だけの図書館なんだそうです。

専用のアプリをダウンロードしたタブレットなどで電子書籍を読む利用者方たちで成り立つのか?

全ての蔵書が電子書籍という私設図書館「みる会図書館徳島館」が先月27日、徳島市にオープンしました。

専用アプリが入ったスマートフォンやタブレット端末で自由に閲覧でき、

「書庫のスペースは不要で、本の傷みや紛失の心配もないで、電子図書館には大きな可能性がある」と言うのです。

徳島市中心部のオフィスビル2階。自営業者らが使う約400平方メートルのコワーキングスペースの一角にある

約6平方メートルが「図書館」です。・・・・ちいさいですね。

閲覧席は長机の8席。備え付けのタブレット端末にアプリが入っており、無線LANを経由してサーバー内の電子書籍を閲覧できそうです。

複数の端末で同じ書籍を同時に読むことができ、「貸し出し中」に悩まされることもないし。

また、手持ちのスマートフォンなどにアプリを入れて閲覧することもできるそうです。

現在の蔵書は漢詩やコンピュータープログラムの入門書など90冊でOPEN

自分の本を1ページずつスキャナーで読み取って電子化したそうです。

利用は館内での閲覧に限るということですが、館外にデータを持ち出す「貸し出し」は、著作権料の支払いなどが必要になるため?

私設図書館の設立に認可制度はないが、図書館法に基づいた施設にするために、運営を担う社団法人を立ち上げが必要ですね。

しかし、ここまで田舎でもデジタル化が進むと、いよいよピットコインになり紙幣がなくなるのも時間の問題かも知れませんね。

スタッフ:博士

2017/12/02
さてさて、今回は畑で講習会に参加しましたが、やはり指導員のレベルが違うと

こうも、納得するのか?しかし野菜作りも奥深いですよ!



やさいづくりの3要素は、「土・苗・天候」なんですよ・・・今更ですが、今回はその理由に納得しました。

S村氏 若干37歳・・・6年間農業に没頭・・・一方画家として筆を振るっているとか?

しかし、彼の土に対する思いと勉強は半端ではありませんよ。

ワレワレ理数系の頭には、非常にわかりやすい・・・話の組立てと経過でバッチリ

これで、春野菜も期待大ですよ!

スタッフ:農菜人

2017/12/01
ハイハイ それでは、我が家の傑作をご紹介しましょう。

それは野菜の生け野菜



どうですか!ダイニングテーブルのど真ん中!



全て野菜で生けていますよ!



さびしいので、三色人参も登場です。



ハイハイこちらを良く見て下さいね。



何だと思います。トマト答えはブーですよ!

これは赤茄子ですよ。

悔しがる方に、ちょいと説明を、赤茄子はトマトの古名なんですよ。

無論、トマトは茄子科なんですよ!

しかし、赤茄子は観賞用になっている為お味は、今一 いやいや今五ぐらいですね。

皆さんも冷蔵庫を開けて、華道にチャレンジしてみて下さいね。

スタッフ:シェフ&Boss
2017/11/30
そにかくこの一台を見て下さい。



早い・馬力・高回転・高品質・安全性・どれをとっても決していいものではありませんが!

私的には、今一番ほしい車両ですよ。

見て下さい このフォルム 実用性においては畑に行くのにはもってこいですよね。

見てほしいのは、このチェンジです。

拡大しますね。



なんと手動式ですよ!あのハレーダビットソンと同じなんですよ

いやいいですね。・・・・みんなイイね・・・・いやちがいますね。

残念ながら、これは販売車ではなんみたいです。 本当に残念です。

しかし、何の目的でトリーム三輪車を作ったか・・・・ちょいとミステリーですね。

スタッフ:WRR
2017/11/29
最近、耳が遠いのでは? 今まで聞こえていたものが聞こえない

そんなことありませんか? 私は本当に聞こえにくくなり。声も一段と大きくなって来た様に思えます。

そこで、こなん神技を購入しました。





どうですか?

なんか手術道具若しくは我々の昔使っていました製図道具みたいでしょう!

さて、これでお掃除しても耳は良く聞こえません。残念

来週時間があれば、耳鼻科で診察を受けてジジィ対策をこないますか!

まだ、補聴器まで・・・・・・やばいかも?

スタッフ:KK

しかし、なんか道具はいいですね。

車の工具・バイク工具・料理道具・カメラ機器・・・・・・なんかオタクみたいですね。

ページの先頭へ戻る

ニュースリリース一覧へ戻る